水質浄化菌善玉君FAQ

ネイチャー北杜
ホーム 善玉君とは 熱帯魚水槽
立ち上げ方
金魚水槽
立ち上げ方
海水魚水槽
立ち上げ方
参考動画 お問い合わせ ご注文

以下にない飼育方法についてのご質問は、お問合わせからお願い致します。
お問い合わせの際は、飼育している生体の種類と数、水槽の大きさ、ろ過システムの状況、 エアレーションや水流ポンプの状況、底砂の有無、水温など出来るだけ詳細に記載してお問い合わせください。
また、お電話での回答をご希望の方は、電話番号と連絡可能な時間帯をご記入ください。

▼善玉君の使用方法について

Q 飼育水の濁りが治まりません。どうしたらよいですか?
A  まず善玉君投入後に発生した濁りについては、問題ないものですので安心して下さい。
   善玉君の使い始め時は、安定するまで3日程度、飼育水が濁る場合があります。
   これは、水槽内に善玉君の菌(バクテリア)の餌となる有機物(汚れ)が多いため、
   一時的に菌が大繁殖している状態で、濁りは、菌そのものです。
   水槽内の菌の餌となる汚れが分解される事で、菌の数も適正量になり、濁りは治まります。

   ある程度日数が経過しても濁る場合は、飼育水の溶存酸素量が低いことが考えられます。
   (菌は、酸素量に合わせて活動します。魚が酸欠でなくても菌の活動は低下します。)
   エアレーションや水流ポンプ等で飼育水の溶存酸素を増やしましょう。
   エアレーションは、通常の2倍程度がおすすめです。

   また、ろ過能力不足により、白濁が発生する場合もあります。
   生物ろ過を見直して下さい。多孔質物質のろ材(リングろ材や軽石など)が
   不足すると、バクテリアの住み家がないため、水中に出て濁りの原因となります。
   (多孔質のものでもスポンジ系のろ材は、ほとんど効果がありません。)
   尚、密閉式の外部ろ過は、酸素が少ないため善玉君のバクテリアの住み家にはなりにくく、
   白濁が発生する事があります。この場合は、投げ込み式フィルターなどと併用して下さい。

Q 善玉君(粉パック)と善玉君スーパーリキッドの違いを教えてください。
A 善玉君(粉パック)は、数種類の好気性の菌(バクテリア)を使用しています。
   善玉君スーパーリキッドは、好気性と嫌気性の菌(バクテリア)を使用しています。

Q 金魚用、熱帯魚用、海水魚用の違いはなんですか?
A 金魚用と熱帯魚用は、使用している菌(バクテリア)の種類は同じですが、配合量や割合を変えてあります。
   海水魚用については、菌(バクテリア)の種類が違います。
   金魚用については、舟での使用も想定した製品です。

Q 善玉君(粉パック)と善玉君スーパーリキッドは、併用しなければなりませんか?
A 併用が一番効果が高いですが、どちらか一方でも効果を発揮します。
   どちらか一方を使う場合は、好気性と嫌気性両方の菌(バクテリア)が入っている善玉君スーパーリキッドがおすすめです。

Q 他社のバクテリア製品と併用しても良いですか?
A 併用はおすすめできません。
   他社のバクテリアは、どのようなバクテリアが使用されているか分からないのでバクテリア同士が
   効果を打ち消す可能性があります。

Q 既に立ち上がっている水槽で使用できますか?
A 立ち上げ時からの使用がおすすめですが、使用可能です。
   途中から使用する場合は、水換えと同時に行ってください。

Q 立ち上げ時のみの使用で問題ないですか?
A 善玉君(粉パック)は、定期的な交換、善玉君スーパーリキッドは、定期的な投入をおすすめしております。
   飼育水の状態により菌(バクテリア)のバランスが変わるため定期的な交換により良好なバランスにリセットします。

Q 他社のバクテリア製品との違いは何ですか?
A 水質浄化(生物ろ過)能力が圧倒的に違います。
   浄化能力が高いため夏場でも臭いが発生することがほとんどありません。
   善玉君は、水質を安定させる事で魚やエビなどの生体の免疫力を向上させ病気を予防し、
   生体を元気に飼育する事に主点を置いた製品で、水槽の立ち上げを多少早めるだけの製品とは違います。
   今までの生物ろ過の考え方や常識を覆す製品です。

Q 水槽以外のプラ舟等の環境で使用できますか?
A 舟でも使用可能です。投げ込み式フィルターや上部ろ過フィルターの設置をおすすめします。

Q 水温10℃であまり効果が出ていない感じがします。
A 善玉君の菌は、低水温でも活動しますが、20℃以上の水温で水質安定後に水温を下げてください。
   低水温から始めると水質が安定するまで長期間かかる場合があります。
   一度安定した後であれば、低水温で水換えを行っても安定します。

Q 水換えは必要なくなりますか?
A 基本的には、水換えは必要ですが長期間換える必要がなくなります。
   これは、水質悪化の原因であるアンモニアや亜硝酸塩を完全分解しますが、硝酸塩については完全には分解できないため
   水換えは必要になります。
   ただし、マツモなどの浄化能力の高い水草を入れる事で硝酸塩を水草が吸収するので、足し水で飼育可能です。
   また、海水水槽でも海ぶどうを使う方法があるようです。

Q アナカス(ANAKAS)と善玉君の違いは何ですか?
A アナカスは、プロのブリーダー向けの製品です。
   善玉君(粉パック)は、アナカスを元に一般の方向けにより使いやすくした製品です。
   善玉君スーパーリキッドは、アナカスと違う菌(バクテリア)を使用したもので、
   アナカスや善玉君(粉パック)との併用で効果がアップします。

Copyright (C)2015 Pet shop Nature Hokuto. All rights reserved.