生物ろ過(水槽用バクテリアの話)


水槽飼育の豆知識> 生物ろ過(水槽用バクテリアの話)
水質浄化菌「善玉君」、「善玉君スーパーリキッド」販売中!!

【水槽用バクテリア】

【バクテリアとは何か?】
細菌を英語でBacteria(バクテリア)です。つまり、普通に生活している環境下の細菌がバクテリアなのです。
人間の体内にも、乳酸菌やビフィズス菌、大腸菌などの細菌がいますし、納豆を作る際には納豆菌、味噌や醤油、 酒を作る際には、麹菌などが使われています。
菌の種類は、無数に存在します。1種類の菌でも与える餌や温度などの環境により能力が変わるのです。
実際に、人間の体内では、悪玉菌が多い腸内環境では便秘になったり、花粉症などのアレルギー症状が悪化したりすると言われています。
そのため、人間はヨーグルトやぬか漬けなどを摂取して腸内細菌のバランスを調整しています。
また、記憶が新しいところでは、2015年にノーベル賞を受賞した大村智氏のゴルフ場の土の中で採取した細菌が アベルメクチンという物質を生成する事を発見し、イベルメクチンというフィラリア症などの特効薬が開発されました。
また、細菌類の中には、アルコールや石油を作るものもあり、人間にとって害があるものだけでなく有益なものもあるのです。
バクテリアの研究はまだ発展途上の段階にあります。

【水槽飼育でのバクテリア】
ペットショップや水槽を置いている部屋で生臭いと感じた事が一度はあると思います。
この生臭いにおいを出すのもバクテリアです。ただし、水槽内に必要なバクテリアではなく、
水槽飼育にとって、邪魔な雑菌です。
水槽飼育のベテランの方に多いのですが、バクテリア剤は使わずに、バクテリアを自然繁殖させる
という方法をとる場合があります。
この方法は、最初は必要な菌も不要な菌もいるのですが、生物ろ過に必要なバクテリアに有機物(魚の糞や残り餌) という餌を与えることで自然に、ろ過バクテリアを優勢にし、生物ろ過を機能させると言う方法です。
このような、ろ過バクテリアを自然繁殖させる方法は、バクテリア剤の効果がほとんど無かった近年までは、
一番良い方法だったのですが、現在では能力の高いバクテリア剤が出てきており、よい方法とは言えません。
自然繁殖では、雑菌類と共存しているため、水換えのタイミングが遅れた場合などちょっとした変化で
水槽内のバクテリアのバランスが変わり、雑菌の方が優勢になり生物ろ過が機能しなくなります。
また、かなり良く管理していても、水換えの時に水槽に鼻を近づけると、生臭く感じる事がありますが、
能力の高いバクテリア剤を使い、定期的にバクテリア剤を添加している水槽では、臭いを感じる事はありません。

【バクテリアの効果】
バクテリア剤は、種類により効果が違います。
分解能力が低いものから中程度のものや高いものまでがあります。
また、苔などを抑えたりするものや臭いを抑制するもの、当サイトで販売している、「善玉君」「善玉君スーパーリキッド」は、 水質の浄化や苔・臭い抑制と共に、魚の体調を整え魚を病気になりにくする事が出来、全体的な水質の調整します。
バクテリア剤は、能力・効果が大きく違う様々なものがあります。

【バクテリアの役割】
水槽用バクテリアは、各メーカーから様々な商品が出ていますが、バクテリアの一番の役割は、水質の安定にあります。
具体的には、糞や残餌などの水が汚れる原因となる物を分解します。
糞や残餌は、①アンモニア(毒性が強い)→②亜硝酸塩(毒性が強い)→③硝酸塩(毒性が弱い)の順番で分解します。
この分解を早くする役割をバクテリアが担います。。

【バクテリアの効果】
バクテリアは、種類により効果が違います。
分解能力が低いものから中程度のものや高いものまでがあります。
また、苔などを抑えたりするものや、当サイトで販売している、「善玉君」「善玉君スーパーリキッド」は、
水質の浄化と共に、臭い抑制し、魚の体調を整え魚を病気になりにくする事が出来るなど、様々なものがあります。
善玉君とは?

【バクテリアは使用しなくてよいのか】
結論から言うと、ホームセンターのペットコーナーやペットショップなどでよく売られているような、ほぼ全ての製品は使わなくてもいいです。
ペットコーナーなどに置いているほとんどの製品は、能力が低くて使い物になりません。中には多少効果が出るものもありますが、
自然繁殖のバクテリアと大差がありません。ただし、バクテリア剤の全部が効果が無いわけではありません。
当サイトで販売している善玉君、善玉君スーパーリキッドは、抜群の効果があります。
善玉君とは?

【水質浄化菌善玉君、善玉君スーパーリキッドの能力】
(アンモニア、亜硝酸塩の分解能力)
実験水槽でアンモニアを大量発生させた水槽で「善玉君(粉パック)」を使用した結果、2、3日でアンモニアは、ほぼ0になりました。
また、亜硝酸塩も1週間ほどでほぼ0になりました。
(らんちゅう(金魚)飼育での実績)
「善玉君(粉パック)」のみ使用の場合
善玉君(粉パック)使用時は、何も使用しない場合より水質が安定し、病気になる魚も減ります。
「善玉君」と「善玉君スーパリキッド」併用の場合
善玉君のみ使用の場合と比較しても病気になる魚が激減し、病気になった場合も回復が早くなります。
また、通常の飼育ではタブーですが、違う舟(水槽)で飼育したものを混泳させてもエラ病等の病気ほとんどならなかった。
冬眠明け直後の繁殖で受精率が大幅に向上し、孵化した稚魚も死ぬ確立が大幅に減ったとの結果が現れています。
(海水魚飼育での実績)
「善玉君(粉パック)」のみ使用の場合
海水魚飼育でも同様に臭い等も無く水質が安定し、したものの、トリートメントをせずに魚を入れた結果、白点病が広がり、魚のほとんどが死滅しました。
「善玉君」と「善玉君スーパリキッド」併用の場合
1度白点病が広がった水槽に、水槽のリセット等を行わず、水槽にスーパーリキッドを入れ、
その後にトリートメントをせずに魚を追加し、餌にもスーパーリキッドをしみ込ませ、食べさせたところ
以降一度も白点病は発生しませんでした。

また、熱帯魚についても「善玉君」と「善玉君スーパリキッド」併用した結果、水質が安定し良好な結果が得られています。
※善玉君スーパーリキッドは、上記の実験時から改良を加え、現在では、スーパーリキッド単体でも高い水質維持能力があります。
ろ過能力を最大限発揮するには、「善玉君」と「善玉君スーパリキッド」の併用がおすすめです。
(細菌が原因と考えられる病気がほとんど発症しなくなります。)
また、様々な実験や、お客様からの感想を伺いましたが、臭いはほとんど感じる事はありませんでした。
Copyright (C)2015 Pet shop Nature Hokuto. All rights reserved.